おすすめのファクタリング活用法

subpage01

経営の成績を測る指標は利益ですが、実際には資金が増えているか減っているかが実感しやすい成果です。


売上を伸ばすには企業間の売掛取引やクレジットカードの導入など、決済手段の多様化が効果的ですが、売上代金の回収までに期間が空くと、その間の仕入れ代金や人件費など資金の流出が先行します。

つまり、事業が成長して売り上げが増えているときこそ良い多くの資金が必要になります。

どんなに利益が出て、棚卸資産や売掛債権を積み上げてもお金の流れが行き詰まれば企業の経営は成り立ちません。

おすすめのファクタリングの最新情報が知りたい方にはこちらです。

そのため、将来お金を受け取るべき債権を今使える資金に代えるのが売掛債権流動化のファクタリングです。
せっかくお客さんがいても売るべき商品がなければ将来の売り上げは先細りになるので棚卸資産を減らすのは得策ではありませんが、売掛債権を流動化しなければ不足するお金は外部から借り入れなどで調達することになります。



せっかく債権があるのだから、外部から借り入れをして金利を支払うくらいならば、今ある債権を売却すれば有利子負債を増やして自己資本比率を下げる必要もなくておすすめです。
ファクタリングを利用する目的が、手元資産の有効活用で外部からの借入をせずに資金繰りをすることなので、申し込みから実行までの期間が短い事業者がおすすめです。
おすすめのファクタリング事業者を選ぶときは、利用コストである利率が低いことと、必要な時に速やかに資金化できるスピードの両面で評価すると効果的です。